CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>
歌の視聴は
 http://www.myspace.com/sattonliveintokyo


〈最近の参加作品〉

2011.7.27発売
強/3rd MINI ALBUM 【SUNRISE】収録 

・今ごろになって
・A Summer Day
・ ハジマリマッセ
(Chorus By SATOMI.K)
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
ARCHIVES
参加作品
強/カーテンコール
(Chorus By SATOMI.K)

--------------------------------------------- 2011.7.27発売
強/3rd MINI ALBUM 【SUNRISE】収録
・今ごろになって
・A Summer Day
・ ハジマリマッセ
(Chorus By SATOMI.K)  

2011.7.20発売
ET-KING「応援歌集」収録
・働く男 (Chorus By SATOMI.K)  

2010.12.15発売
ET-KING「恋愛歌集」収録
・レサムピリリ(Chorus By SATOMI.K) TSUYOSHI 

2010.8.11日発売
強/MINI ALBUM 『カーテンコール』収録
・カーテンコール(Chorus By SATOMI.K) ET-KING
LINKS
PROFILE
OTHERS
SPONSORED LINKS
RECOMMEND
MOBILE
qrcode

さっとん のブログ

加藤暁美のうた活動日記です。
<< 再び!「歌スタ!!」 | main | Crystal keyさんのライブ >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | |
春満開!
夕方ふらふら〜っと近所の公園に行ってみました。



中に入ると、空一面に桜の花が広がっていて
あまりの綺麗さで、その場で じっ〜っとたたずんでいました。

今年は誰とも花見ができなかったなぁ〜っと思い
私の大好きな人達のことを、想い眺めました。



淡い、白のようなピンク色をして
時おり風がふき、ひらひらと花びら達が舞う様子をみて
切ない思いに浸りました。 

家の近くにも、こんな場所があったんだ。



綺麗でしょ。 
一年に一度しか、咲かない花。そう思うと、今しっかり眺めてあげるからね!って思っちゃいます。


先月、会社を辞めました。

また会えるから、悲しくなんかないと言って 
みんなと、お別れをしました。
本当の本当は、後ろ髪引かれながら辞めたんですけどね。

会社を辞めると言った時は、これでいんだ!っと言い聞かせてたけれど、
別れは辛いもんですね。

どうしようもなく、寂しくて悔しいとき、
一緒にいて楽しかった人達。
楽しすぎて、時に自分が東京にいる理由さえも忘れようとしました。
いまでも、胸がいたい。つらいよ〜

でも、別れと共に
そんな弱い自分にさよならです。そんな形でしか、自分をしっかり持つことができない私なんです。結局弱いか・・・

私は何のために、故郷をすてて、大好きな人達をおいて、上京したのか?
っと自分に言い聞かせて強くなります。 
歌をするために上京してきた、もっと沢山の人の耳に
私の声を届けたい。

だから、どんなに、離れている場所にいても私の声が届くように
頑張ると、決心したのであ〜るぴかぴか


そんな感じで、地道に活動していきま〜す!

結局、桜満開の日記が自分の決心の話に
いつの間にかそれちゃいました・・・






| - | 20:07 | comments(2) | trackbacks(0) | |
スポンサーサイト
| - | 20:07 | - | - | |
槇原敬之の『遠く・遠く』って歌があるんやけど 知ってる?

日記読んでるとき脳内BGMはその曲でした


| Gun | 2008/04/05 3:28 AM |
Gunさん>ナイス選曲です!

遠く 遠く離れていても
僕の事がわかるように
力いっぱい輝ける日を
この町で迎えたい〜

本当に、その通りなんです。 歌って人の心に響くもんですね。

今度、これカバーしようかな〜??名曲ですね。

みんな、それぞれ違う環境、違う場所、違う時間を過ごしているのに、
音楽って、不思議と自分の境遇とおんなじに聞こえて
しみじみしちゃったり、感動与えたり
本当に良いですね。

やめられません。


| さっとん | 2008/04/06 1:28 AM |









http://3103utanikki.jugem.jp/trackback/81